COMPASS

真の理解のためのシンプルな数学のノート

数式を枠からはみ出さずに表示するためには, 画面を横に傾けてください(532 ピクセル以上推奨).

$2$ 次関数

$2$ 次関数

定義≪$2$ 次関数≫

 実数の定数 $a,$ $b,$ $c\ (a \neq 0)$を用いて $f(x) = ax^2+bx+c$ の形に表される関数を $x$ の $2$ 次関数(quadratic function)と呼ぶ.

定理≪$2$ 次関数の最大・最小≫

 $2$ 次関数 $f(x) = a(x-p)^2+q$ ($a,$ $p,$ $q$: 定数, $a \neq 0$)の定義域に $x = p$ が含まれるとき,
(1)
$a > 0$ であるならば, $f(x)$ は $x = p$ において最小値をとる.
(2)
$a < 0$ であるならば, $f(x)$ は $x = p$ において最大値をとる.

証明

 $x^2 \geqq 0$ と $x^2 = 0 \iff x = 0$ から従う.

問題≪紙を折った部分の面積の最小値≫

 $1$ 辺の長さが $1$ の正方形の紙 $\mathrm{ABCD}$ を, 頂点 $\mathrm B$ が辺 $\mathrm{AD}$ 上にくるように折り返すとき, 折り返した部分の面積が最小になるのはどのような折り方をした場合か答えよ. また, その場合の面積を求めよ.

解答例

 辺 $\mathrm{AB}$ 上の点 $\mathrm P$ と辺 $\mathrm{CD}$ 上の点 $\mathrm Q$ を結ぶ線分で折り返した後に頂点 $\mathrm B$ が辺 $\mathrm{AD}$ 上の点 $\mathrm R$ に移るとして, $x = \mathrm{AR},$ $y = \mathrm{BP},$ $z = \mathrm{CQ}$ とおく.
このとき, \[\mathrm{BP} = \mathrm{RP}, \quad \mathrm{BQ} = \mathrm{RQ}\] である. $\triangle\mathrm{APR},$ $\triangle\mathrm{BCQ},$ $\triangle\mathrm{DQR}$ に三平方の定理を適用すると, \begin{align*} \mathrm{AP}^2+\mathrm{AR}^2 &= \mathrm{PR}^2, \\ \mathrm{BC}^2+\mathrm{CQ}^2 &= \mathrm{BQ}^2 = \mathrm{RQ}^2 = \mathrm{DQ}^2+\mathrm{DR}^2 \end{align*} から \[ (1-y)^2+x^2 = y^2, \quad 1^2+z^2 = (1-z)^2+(1-x)^2\] となるので, \[ y = \frac{x^2+1}{2}, \quad z = \frac{x^2-2x+1}{2}\] である. よって, 折り返した部分の台形 $\mathrm{PBCQ}$ の面積 $S$ は, \begin{align*} S &= \frac{1}{2}(y+z) \\ &= \frac{1}{2}\left(\frac{x^2+1}{2}+\frac{x^2-2x+1}{2}\right) \\ &= \frac{1}{2}(x^2-x+1) \\ &= \frac{1}{2}\left( x-\frac{1}{2}\right) ^2+\frac{3}{8} \end{align*} と表される. $0 \leqq x \leqq 1$ であるから, $S$ は $x = \dfrac{1}{2}$ のとき最小値 $\dfrac{3}{8}$ をとる. ゆえに, $S$ が最小になるのは頂点 $\mathrm B$ が辺 $\mathrm{AD}$ の中点にくる場合で, その最小値は $\dfrac{3}{8}$ である.